前へ
次へ

医療設備と対応が選ぶポイントになる

父の体調が長い間良くない状態で、入退院を繰り返していました。
自宅に戻ってきてからも、イマイチな状態でどうにかならないのかと感じて今までとは違う病院にも連れて行ってみることにしたところ、それが正解でした。
以前の病院よりも、スタッフの数が多いのか一人ひとりに対する時間が長いなという印象で、医療設備も充実している感じでした。
父も普段はあまり話さない人ですが、医師の話の聞き出し方が上手くてきちんと自分の状況を話し、痛みや体調の悪くなった時のことも自分で伝えてくれたので良かったです。
医師の実績や医療機関の規模は大切ということは間違いありませんが、話しやすくて患者側が心配して、自分のことを話したいと思えるのかが重要だなと感じることができました。
状況を把握してくれていて、いつでも相談しにいくことができる医師が近くにいるというだけで安心感もあるし、医療機関はどこでも同じというわけではないんだなと改めて実感しました。

Page Top