前へ
次へ

VRの導入と医療機関における患者への説明

医療現場でVRを導入することに積極的となっている理由のひとつとして、インフォームドコンセントが挙げられています。
患者への説明を具体的にすることは、患者が治療を受けるために重要なポイントです。
しかし、意思の疎通に対して齟齬が生じてしまう場合が少なくありません。
そのため、VRを使用することによって、患者の理解度を高め、治療を受けることに対する抵抗や、治療の意味を理解してもらいやすくなるでしょう。
実際に治療を受けるにあたり、患者がこの治療にはどういった意味があるのか、投薬の種類が変わるたびにどんな効果があるのかを説明することは必要です。
しかし、医療機関で具体的に説明しても、理解することが難しい場合も少なくありません。
正確に理解してもらうためには、わかりやすい言葉を使うことも大切ですが、VRを使用して説明を視覚化することで、患者が治療に対して不安を抱かず、スムーズに治療を進められる可能性が高まります。

Page Top