前へ
次へ

漢方の医療が見直されている背景とは

江戸時代以前の日本では、漢方による医療が公に認められていた時代がありました。
しかしながら、明治政府が西洋医学を積極に導入したのと、日本が敗戦し、日本を占領していたGHQの政策によって、その座は失いました。
その目的の中には、アメリカの薬を日本に売る目的があったためだとされているのです。
ただし近年は、東洋医学の価値が欧米でも見直され、漢方を医療の一つとして取り入れ始められている話も存在します。
東洋医学では、抑える働きの陰と、興奮引き起こす陽とのバランスが大切だと考えられています。
バランスが崩れると、病を引き起こすと考えられているのです。
漢方は、そのバランスを整えさせるための薬になります。
西洋医学でも通じる話であり、今後の医療に漢方は大きな影響を与えるでしょう。
ただし、既に多くの日本国民は、西洋医学に信頼を置いている現状があります。
医者を目指される人も、西洋医学を中心に学ばれてる人も多く、迷信的に考えられている陰陽について、詳しく知ろうとする人はほとんどいません。
漢方医学を十分に知り尽くしている医者は、ほんの一部の人達であり、今後の課題を抱えています。

Page Top